学校紹介 学校紹介                                             











 
    校区は、校名となった石仏や尾崎、惣代などの旧村地域と、山林を切り開いて造成
   された南・北青葉台地区で構成されています。当地域は、起伏に富んだ山林や畑に
   囲まれ、空気が清らかで、交通の便はあまり良くありませんが、子どもたちにとっては
   自然環境、社会環境ともに恵まれており、のびのびと学習できる条件がそろっていま
   す。本校は、住宅地同様、山林を切り開いて造成された、小高い丘(海抜160m)にあ
   ります。校地は広く総面積45,577u(運動場10,684u、建物敷地9,502u、実
   験実習地ほか25,391u)で、教材園、コンピュータ室、ラーニングスペースなどの屋
   内施設も整っています。



 
    新町から南へは旧道が西側にあって、この道筋に家並があります。その南の端にあ
   るお堂が阿弥陀寺です。「この寺は別名「石仏寺」と言い、本尊はその名の通り石仏
   (三石仏)ですが、これが地名となっている事は由緒あるお寺に違いありません。現堂
   は江戸時代の再建とみられます。」 と書かれてあります。  (「河内長野百景」より)



 

  本校の校章は、創立前年の加賀田小学校の先生方が考案して下さった案の
中から創立時に、初代校長が採択し決定されました。外郭の桜の花びらは、加小
のものを踏襲し 、本校が加賀田小学校より分離し創設された事を表現しており、
    中央は、校名「石仏小学校」の頭文字の石を三つ組み合わせたものの図案化であり、
    これは本校の校区が「石仏・加賀田地区」「北青葉台地区」「南青葉台地区」の三地
    域であることを意味し、この三地域の児童・保護者地域の方々・本校教職員の三者が
    堅く結び合って、本校の発展を強く願っている姿を表現しているのです。