学校紹介  〜石仏の歴史〜          トップページにもどる                                       










 

   「石仏」という地名の由来を知っていますか。
  石仏というくらいだから仏様がいるのでしょうか。
  校区内にある石仏寺をお訪ねし、「石仏」についてお話をうかがってきました。 

  
              石仏の由来を伝える文章の原文(左)と訳文(右)

   (訳文より抜粋)
  弘法大師(こうぼうだいし)讃岐(さぬき)の国(香川県)で修行した時、3つの石より光が差した。弘法大師はその
  3つの石で弥陀(みだ)(仏様)・天照大神(あまてらすおおみかみ)春日大明神(かすがだいみょうじん)の三尊をお()りになり、お寺へ安置(あんち)した。
  そのお寺を「曼陀羅山阿弥陀寺(まんだらさんあみだでら)」とし、その村を石佛村(いしほとけむら)といった。



   現在の石仏寺は新しい建物になっていますが、平安時代の中期には八角形の柱が
  あるお寺としてすでに建立されていたようです。
   今では地域の方々が毎月17日にお参りしたり、8月23日の地蔵盆の時や旧暦の花
  祭りの日などに訪れているそうです。

       
   石仏寺のご本尊です。その昔、光った     ご本尊の横にまつられた像です。
 と伝わる石で彫られたんですね。


   
   石仏寺は2度の火災にあっているそ    この山の頂きには楠正成(くすのきまさしげ)が見晴台に
  うですが、この柱は古くから残っている    していたお城があったそうです。 
  そうです。